ゴルフ 基礎

コースデビューのそのまえに、知っておきたいゴルフルール

「少ないスコアでコースを回る」
簡単に言ってしまうと、これがゴルフというスポーツです。
ゴルフのスコアは、「打数(空振りを含む)+ペナルティの打罰」の合計となります。そしてペナルティは、ルールに則り科されます。ゴルフのルールでは、さまざまなケースが想定されていますが、ここでは初めてコースを回るまえにぜひ知っておきたいゴルフの基本ルールを紹介していきたいと思います。

 

【空振り】
空振りはペナルティにはなりません。しかし空振りの分が1打として数えられることになります。

 

【OB(アウトオブバウンズ)】
OBはゴルフをやったことがないひとでも聞いたことのある言葉だと思います。打ったゴルフボールが、コースとして定められた場所から外に出てしまった場合を指し、ペナルティが発生します。ティショットでは、基本的にはパーティー内のプレイヤーが一巡した後に、1打罰が加えられ、3打目として再びティショットを行います。セカンドショット以降では、原則はティショットと同じですが、OBを打った場所の近くにゴルフボールをドロップして打ち直します。

 

【ウォーターハザード】
池ポチャという言葉で聞き覚えのあるひとが多いのではないかと思います。ショットしたゴルフボールが池に落ちてしまうとペナルティが発生します。この場合、2通りの対処があります。ひとつは、1打罰を加え、同じ場所から打ち直します。もうひとつは、こちらも1打罰で、打ったゴルフボールが最後に池を横切った地点とグリーンの上のピンを結んだ延長線上の後方にドロップして打ち直します。

 

【バンカー】
ウォーターハザードと同じハザードのひとつです。しかしウォーターハザードとは違い、ただ入ってしまっただけではペナルティは科されません。うまく脱出できればそれでオーケーです。ただし、構えたとき、あるいは素振りをしたときなどにゴルフクラブが砂に触ってしまうと2打罰のペナルティとなるため注意が必要となります。バンカーショットには高度な技術が必要です。初心者は無理をせずにアンプレヤブルするのが無難でしょう。アンプレヤブルは、打てそうにない場合やプレイヤーの判断において1打罰を受けることで救済される措置を指します。これにより、ボールから2クラブレングス(ゴルフクラブ2本分の長さ)以内、あるいはボールとカップを結んだ延長線上の後方から打ち直すことができます。

 

【紛失球】
ウォーターハザードやOBに入ってしまったわけでなくてとも、深いラフなどで、打ったゴルフボールを見失ってしまうことがあります。紛失球は1打罰で打ち直しですが、ティショットの場合には、後ろの組の迷惑になってしまいます。少しでも怪しいと思ったら1打罰は覚悟の上で暫定球を打っておくと安心です。紛失球を探せる時間は5分間と決まっています。パーティーのメンバーにも協力してもらって急いで探しましょう。

 

50代からドライバーで飛距離を伸ばす方法とは?

ゴルフで知っておいた方がいい基礎知識記事一覧

ゴルフコースとは、ゴルフをプレーするためのフィールドであり、一般的には1番〜18番のホールからなります。18ホールにおけ...