ゴルフは「軸」をつくりスイングを安定させるトレーニング

ゴルフは「軸」をつくりスイングを安定させるトレーニング

ゴルフが上達しないことにお悩みの方は多いと思います。特にスイングが安定しないとか、飛距離が伸びないとか、コントロールが思うようにいかないというのはよく聞くことです。

 

これらはどれも「軸」ができていないことに起因します。しかし、スイングのときに「軸」を意識しろと言われても、実際の人間には軸なんてものはありませんから、特に右から左に(右利きの場合)体を大きく振ることになるドライバーショットでは、「軸」を保つのが難しくなってしまいます。

 

実際のところ「軸」をつくりだすのは技術ではなくむしろ筋肉なのです。特に重要なのが「インナーマッスル」と「体幹」です。

 

「インナーマッスル」というのは、体の表面にある大きな筋肉ではなく、その下にある細かい筋肉群を指します。表面の筋肉は大きい力を出すときに使われますが、インナーマッスルは関節・骨格を支えるために使われます。このインナーマッスルが弱いと、骨格を支えきれないので「軸」がブレるのです。

 

「体幹」というのは要するに胴体のこと。特に腹筋と背筋が重要です。なぜならば、体幹は手足を連動して動かすときに、双方をつなげる働きがあるからです。

 

体幹が弱い体というのは、例えてみれば「縄跳び」のようなものです。縄跳びの片側をつかんでムチのように振ろうとしても、中心の縄の部分が軟らかいのでもう片方の先端には力は伝わりません。しかし、カンフーの武器「三節棍」のように、硬い棒を中心に棒が繋がっていれば、振り回せば素直に力が伝わります。

 

体幹を強くするのは手足を正しく連携させるために重要で、体幹の支えがあるからこそ「軸」が生まれるのです。

 

一時期宮里藍選手が小さな軟らかいバランスボールの上に立ってスイングの練習をするというのが話題になったことがあります。これも、不安定な足場で体を支えることで、インナーマッスルや体幹の筋肉を有効に鍛えられる方法です。

 

他には、できるだけ精確な動作を心がけて、太極拳のようにゆっくり均一のスピードでスイングをするというのもいいでしょう。速い動作では表面の筋肉が使われますが、ゆっくりした動作ではインナーマッスルが使われます。

 

このようにトレーニングしてインナーマッスルと体幹がしっかりしてくると、自ずと「軸」も意識できるようになるはずです。そして、理屈ではなく体感として「軸」を意識できれば、スイングは盤石なものになっていきます。

 

もちろんこうしたトレーニングは一朝一夕でできあがるものではありませんから、じっくり長く取り組んでください。できればそのような指導をしてくれるトレーナーを見つけるといいですね。