ゴルフ 上達 方法

ボールがストレートに飛ばないゴルファーのための正しいグリップ、アドレスのやり方

ゴルフをやっている人には、ボールが真っ直ぐに飛ばないと悩んでいる方がいます。こういった場合には、まず最初にクラブの持ち方やスイングを全般的にチェックし直す必要があるでしょう。

 

まず最初に確認すべきポイントはグリップです。グリップは最初に教わったままのやり方で行っている人が多いのですが、実はクラブの持ち方には3種類のやり方があります。
まず1つ目は、インターロッキングと呼ばれるグリップです。右手の小指と左手の人差し指を絡ませる方法で、両手の指がうまく噛み合うので力がクラブに伝わりやすくなります。握力が弱いという女性やジュニアでも、インターロッキングであれば十分力を使いこなすことができるようになります。
次に多いのがオーバーラッピングと呼ばれる方法で、右手の小指を左手の人差し指と中指の上に乗せるグリップです。この方法を用いると右手に力を加えようとしてもあまり力が入らないため、左手だけでショットを行うことができます。どうしてもスイング時に右手の力が入ってしまう人はオーバーラッピングが良いでしょう。
最後に、テンフィンガーと呼ばれる十本の指でバットを握るようにして持つグリップです。野球と同じでクラブに力を伝えることができますが、右手にも力が入るのでフェース面がそれる可能性が高くなってしまいます。握力が弱い方に向いている持ち方といえます。
それぞれのグリップにはメリットとデメリットがあるので、全てを試してみて自分に合ったグリップで持つようにすることを推奨します。

 

次にチェックすべきはアドレスです。肩幅と同じくらいに足を広げ、肩幅とクラブを握る手が二等辺三角形になるようにします。前方や後方に傾きすぎないように注意しましょう。アドレス時に正面から写真を撮ってみれば、フォームが作れているかが評価しやすくなります。
この状態からテイクバックに入ります。そのまま肩幅とグリップとの二等辺三角形は維持したままハーフスイングの地点まで上げていきます。ハーフスイングの地点を超えたら、手首と肘を少しずつ曲げて行きます。体の重心はバックスイング時には右の足の上に重心が移動していきます。
クラブヘッドが頂点に達したら、その勢いでダウンスイングに入ります。ここでのポイントは体の重心移動と、体の回転の順番です。重心は右足から少しずつ左足に移っていきます。また、左足は最初のアドレス時の位置に戻っていきます。体を回転させる順番は、体の中心部である腰から始まり、両腕、両手首と段々体の末端へと移っていきます。この順番を間違えると手打ちになったり、体の回転力がショットに伝わらなくなり飛距離が出なくなります。

 

ゴルフのスイングを点検することは大切ですが、一度に全てのポイントをチェックしようとすると大変です。フォームチェックの時は、まず一点に絞ってチェックしてみることをオススメします。

 

カタナゴルフのドライバーが合わなかったらHAYABUSAがおすすめ!

ゴルフ上達方法記事一覧

ゴルフが上達しないことにお悩みの方は多いと思います。特にスイングが安定しないとか、飛距離が伸びないとか、コントロールが思...