ゴルフ 飛距離

やはりクラブ選びが大切、50代が飛距離を出すためのドライバーとは

50代になってドライバーの飛距離が落ちている…というかたいるんではないでしょうか。年齢とともに筋力が落ちてくるのは事実なのです、飛距離が落ちてもその他でカバー出来ると言ってもやっぱり飛ばないよりは飛ばせたほうがいいですよね。
ですがそんな方に向けたドライバーが今はどんどん出ています。50代の方向けドライバーと言えばやはり一番はダンロップスポーツのゼクシオですね、とにかく軽く誰でも扱いやすいドライバーです。
そしてそんなゼクシオに追いつこうと近年さらに軽量化を進めているのがテーラーメイドのグローレGです。軽量かつ長尺でうまく使うことが出来ればヘッドスピードも今までより上がるはずです。
ブリヂストンスポーツのPHYZも近年注目のドライバーです。弾道が高くなる構造になっていてそれでいてスピン量は抑えられているので上がりすぎて結局飛ばない、ということもなく飛距離を稼ぎたいという方に注目されているドライバーです。
そんな軽量ドライバーたちですが実はヘッドの重さはどれも200グラム前後であまり違いがありません。何処で一番違いが出るかというとやはりシャフトでしょう。シャフトの重さや硬さでドライバーはとても変わってきます。シャフトを選ぶ際の目安ですがヘッドスピードが40m/sなら40g、42m/sで50g、45m/sで60gと言われています。あくまで目安ですが参考にしてみてください。
シャフトの長さも大切です。シャフトを長くすれば飛距離は伸びますがやはりミートは難しくなります。飛距離を求めた結果安定性を欠いてしまっては結局スコアは伸びませんから一長一短ということになります。
ドライバーを選ぶ際はシャフトにも注目していきましょう。
そして大事なことですが、軽ければ良いというものでもありません。確かに軽ければヘッドスピードが上がります。ですがヘッドスピードが上がれば飛距離が伸びるという単純なものではないということはゴルフプレイヤーならわかりますよね。
軽すぎて自分にあっていないクラブを選んでしまうとスイングがそのクラブに合わせるようになってしまい、崩れてしまう可能性があります。スイングが崩れてしまうとひどい場合は今までより飛ばなくなる、といった可能性まであります。
新しいクラブ選びはとても大切です。これでいいだろうと適当な選び方では後悔するかもしれません。しっかりと悩み、相談をしたりしてあなたにぴったりのクラブを探してみてください。

 

シニアゴルファーにおすすめしたい飛ぶドライバーランキング